「年賀状」、「暑中見舞い」が書くのも、もらうのも、楽しくなります。

日本人の名前(ファーストネーム) >弥太郎というファーストネームの有名人

このサイトに登録されている有名人の数:89,156人
このサイトに登録されている「弥太郎」さんの数:13人
 1  坂元弥太郎Wikipedia
坂元 弥太郎(さかもと やたろう、1982年5月24日 - )は、埼玉県蕨市出身の元プロ野球選手(投手)。
5月24日生まれの人      1982年生まれの人
浦和学院高等学校出身      全国の浦和学院高等学校の出身者
 2  桂弥太郎    岐阜県 出身Wikipedia
桂 弥太郎(かつら やたろう、1981年12月9日 - )は岐阜県郡上市八幡町出身の落語家、本名は増田 雄一郎。 所属事務所は米朝事務所。上方落語協会会員。
12月9日生まれの人      1981年生まれの人
全国の岐阜県出身者
 3  渡瀬弥太郎    北海道 留萌市 出身Wikipedia
渡瀬 弥太郎(わたせ やたろう、1960年10月10日 - )は、北海道留萌市出身のノルディックスキージャンプの元日本代表選手、スキージャンプ日本代表女子チームの監督、神戸クリニック女子ジャンプチーム監督。駒大岩見沢高校時代は、会沢仁康そして田中信一と共に駒沢三羽トリオと呼ばれ、当時指導にあたっていた駒大岩見沢校スキー部顧問の松本や北海道岩見沢地区で若手ジャンパーを育成していた真所勝昭などにさらに才能を磨かれ、日本のジャンプ界を代表する選手となる。1990年代中盤ころよりスキージャンプの技術的な変化、用具の変化、そしてV字型の空中フォームの導入などにより長身のジャンパーが圧倒的に有利になったが、渡瀬が活躍していた1980年代は必ずしも長身選手有利という時代ではなく、小柄な渡瀬も数々の優秀な成績を残している。日本代表の渡瀬雄太(雪印乳業)、渡瀬あゆみ(アインファーマシーズ)は実子。
10月10日生まれの人      1960年生まれの人
全国の北海道出身者    全国の留萌市出身者
 4  津田弥太郎    岐阜県 出身Wikipedia
津田 弥太郎(つだ やたろう、1952年(昭和27年)5月5日 - )は、日本の政治家。民主党所属の参議院議員(2期)。
5月5日生まれの人      1952年生まれの人
全国の岐阜県出身者
神奈川大学出身      岐阜県出身の神奈川大学の出身者      全国の神奈川大学の出身者
 5  津田弥太郎    岐阜県 出身Wikipedia
津田 弥太郎(つだ やたろう、1952年5月5日 - )は、日本の政治家。民進党所属の前参議院議員(2期)。
5月5日生まれの人      1952年生まれの人
全国の岐阜県出身者
神奈川大学出身      岐阜県出身の神奈川大学の出身者      全国の神奈川大学の出身者
岐阜県立斐太高等学校出身      全国の岐阜県立斐太高等学校の出身者
 6  大石弥太郎    大分県 佐伯市 出身Wikipedia
大石 弥太郎(おおいし やたろう、1943年10月6日 - )は、大分県佐伯市出身の元プロ野球選手(投手)・コーチ・監督、解説者。
10月6日生まれの人      1943年生まれの人
全国の大分県出身者    全国の佐伯市出身者
大分県立佐伯鶴城高等学校出身      全国の大分県立佐伯鶴城高等学校の出身者
 7  三ツ林弥太郎    埼玉県 出身Wikipedia
三ツ林 弥太郎(みつばやし やたろう、1918年11月22日 - 2003年8月18日)は、日本の政治家。埼玉県北葛飾郡幸手町出身。自民党衆議院議員、元科学技術庁長官。
11月22日生まれの人      1918年生まれの人
全国の埼玉県出身者
埼玉大学出身      埼玉県出身の埼玉大学の出身者      全国の埼玉大学の出身者
 8  三ッ林弥太郎    埼玉県 出身Wikipedia
三ツ林 弥太郎(みつばやし やたろう、1918年11月22日 - 2003年8月18日)は、日本の政治家。埼玉県北葛飾郡幸手町出身。自由民主党衆議院議員、科学技術庁長官。
11月22日生まれの人      1918年生まれの人
全国の埼玉県出身者
埼玉大学出身      埼玉県出身の埼玉大学の出身者      全国の埼玉大学の出身者
埼玉県立杉戸農業高等学校出身      全国の埼玉県立杉戸農業高等学校の出身者
 9  野口弥太郎    長崎県 諫早市 出身Wikipedia
野口 弥太郎(のぐち やたろう、野口 彌太郎、1899年10月1日 - 1976年3月23日)は、洋画家、日本芸術院会員。
10月1日生まれの人      1899年生まれの人
全国の長崎県出身者    全国の諫早市出身者
 10  三島弥太郎    鹿児島県 鹿児島市 出身Wikipedia
三島 彌太郎(みしま やたろう、慶応3年4月1日(1867年5月4日) - 1919年(大正8年)3月7日)は、日本の銀行家。子爵。三島通庸の長男であり、三島彌彦は弟。最初の妻は大山巌の長女信子、離別後四条隆謌侯爵の三女加根子と再婚。長男は三島通陽、娘梅子の夫は土方与志。徳富蘆花の小説『不如帰』の登場人物、川島武夫のモデルでもある。
4月1日生まれの人      1867年生まれの人
全国の鹿児島県出身者    全国の鹿児島市出身者
 11  伊丹弥太郎    佐賀県 出身Wikipedia
伊丹 弥太郎(いたみ やたろう、慶応2年12月12日(1867年1月17日) - 昭和8年(1933年)10月3日)は佐賀藩出身の実業家、貴族院議員。電力事業や鉄道事業に力を尽くした。現在の佐賀県佐賀市出身。
12月12日生まれの人      1867年生まれの人
全国の佐賀県出身者
 12  岩崎弥太郎Wikipedia
岩崎 弥太郎[1](いわさき やたろう、天保5年12月11日(1835年1月9日) - 明治18年(1885年)2月7日)は、日本の実業家。三菱財閥の創業者で初代総帥。明治の動乱期に政商として巨利を得た最も有名な人物である。諱は敏(後に寛)、雅号は東山。別名を土佐屋善兵衛。彌太郎とも書く[2]。
12月11日生まれの人      1835年生まれの人
東京海洋大学出身      出身の東京海洋大学の出身者      全国の東京海洋大学の出身者
 13  岩崎弥太郎    高知県 安芸市 出身Wikipedia
岩崎 弥太郎(いわさき やたろう、天保5年12月11日(1835年1月9日) - 明治18年(1885年)2月7日)は、日本の実業家。三菱財閥の創業者で初代総帥。明治の動乱期に政商として巨利を得た最も有名な人物である。諱は敏(後に寛)、雅号は東山。別名を土佐屋善兵衛。彌太郎とも書く[2]。
12月11日生まれの人      1835年生まれの人
全国の高知県出身者    全国の安芸市出身者
東京海洋大学出身      高知県出身の東京海洋大学の出身者      全国の東京海洋大学の出身者




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身都道府県編