日本人のファーストネーム >英太郎というファーストネームの有名人

このサイトに登録されている有名人の数:89,156人
このサイトに登録されている「英太郎」さんの数:15人
 1  英太郎Wikipedia
英太郎(えいたろう、1976年3月20日 - )は、日本のものまねタレント、ローカルタレント。本名、和田 英太郎(わだ えいたろう)。熊本県を拠点に活動する。
3月20日生まれの人      1976年生まれの人
開新高等学校出身      全国の開新高等学校の出身者
 2  糸山英太郎    東京都 出身Wikipedia
糸山 英太郎(いとやま えいたろう、1942年6月4日 - )は、日本の政治家、実業家。
6月4日生まれの人      1942年生まれの人
全国の東京都出身者
日本大学出身      東京都出身の日本大学の出身者      全国の日本大学の出身者
正則高等学校出身      全国の正則高等学校の出身者
 3  糸山英太郎    東京都 出身Wikipedia
糸山 英太郎(いとやま えいたろう、1942年6月4日 - )は、日本の政治家、実業家。
6月4日生まれの人      1942年生まれの人
全国の東京都出身者
日本大学出身      東京都出身の日本大学の出身者      全国の日本大学の出身者
聖園女学院高等学校出身      全国の聖園女学院高等学校の出身者
 4  糸山英太郎    東京都 出身Wikipedia
糸山 英太郎(いとやま えいたろう、1942年6月4日 - )は、日本の政治家、実業家。
6月4日生まれの人      1942年生まれの人
全国の東京都出身者
日本大学出身      東京都出身の日本大学の出身者      全国の日本大学の出身者
獨協高等学校出身      全国の獨協高等学校の出身者
 5  田々宮英太郎    石川県 出身Wikipedia
田々宮英太郎(たたみや えいたろう、1909年 - 2004年)は、日本の現代史家。
1909年生まれの人
全国の石川県出身者
関西大学出身      石川県出身の関西大学の出身者      全国の関西大学の出身者
 6  竹中英太郎    福岡県 出身Wikipedia
竹中英太郎(たけなか えいたろう 1906年(明治39年)12月18日 - 1988年4月8日)は、福岡県生まれの挿絵画家、労働運動家、実業家。
12月18日生まれの人      1906年生まれの人
全国の福岡県出身者
 7  常陸岩英太郎    東京都 中央区 出身Wikipedia
常陸岩 英太郎(ひたちいわ えいたろう、1900年3月9日 - 1957年7月21日)は、東京府東京市日本橋区(現:東京都中央区日本橋)出身の元大相撲力士。本名は櫻井 英太郎(さくらい えいたろう)。
3月9日生まれの人      1900年生まれの人
全国の東京都出身者    全国の中央区出身者
 8  進藤英太郎Wikipedia
進藤 英太郎(しんどう えいたろう、1899年11月10日 - 1977年12月18日)は、日本の俳優。本名は真藤 辰五郎。
11月10日生まれの人      1899年生まれの人
福岡市立福翔高等学校出身      全国の福岡市立福翔高等学校の出身者
 9  篠原英太郎    長野県 出身Wikipedia
篠原 英太郎(しのはら えいたろう、1885年(明治18年)10月10日 - 1955年(昭和30年)3月7日)は、日本の内務官僚。林内閣の内務次官、官選県知事、京都市長。
10月10日生まれの人      1885年生まれの人
全国の長野県出身者
 10  横山英太郎    福井県 出身Wikipedia
横山 英太郎(よこやま えいたろう、1883年(明治16年)7月 - 1966年(昭和41年)6月13日)は、日本の工学者(専攻は電気工学、電気通信)。
1883年生まれの人
全国の福井県出身者
福井県立藤島高等学校出身      全国の福井県立藤島高等学校の出身者
 11  畑英太郎    福島県 出身Wikipedia
畑 英太郎(はた えいたろう、1872年8月28日(明治5年7月25日) - 1930年5月31日)は、日本陸軍の軍人。最終階級は陸軍大将。
8月28日生まれの人      1872年生まれの人
全国の福島県出身者
慶應義塾大学出身      福島県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
麻布高等学校出身      全国の麻布高等学校の出身者
 12  下平英太郎    福島県 出身Wikipedia
下平 英太郎(しもだいら えいたろう、1869年3月1日(明治2年1月19日) - 1933年(昭和8年)5月13日)は、日本の海軍軍人。 装甲巡洋艦「八雲」艦長として第一次世界大戦における青島攻略戦に参戦し、のち戦艦「日向」初代艦長を務めた海軍少将である。従四位勲三等功四級。
3月1日生まれの人      1869年生まれの人
全国の福島県出身者
 13  和合英太郎    広島県  広島市 出身Wikipedia
和合 英太郎(わごう えいたろう、1869年8月15日 - 1939年6月11日)は、製氷業のパイオニアといわれる実業家。また今日言うM&Aの先駆け的経営者でもあった。
8月15日生まれの人      1869年生まれの人
全国の広島県出身者    全国の 広島市出身者
 14  小松原英太郎Wikipedia
小松原 英太郎(こまつばら えいたろう、嘉永5年2月16日(1852年3月6日) - 大正8年(1919年)12月26日)は、戦前の官僚・政治家。錦鶏間祗候、枢密顧問官、埼玉県知事、静岡県知事、長崎県知事、司法次官、内務次官、文部大臣、農商務大臣、貴族院勅選議員、東洋協会会長、皇典講究所長、大阪毎日新聞社社長、日華学会長、斯文会会長、國學院大學学長、内務省警保局長等、ベルリン公使館駐在を歴任。 拓殖大学第2代総長。
2月16日生まれの人      1852年生まれの人
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 15  小松原英太郎    岡山県 御野郡青江村(現・岡山市) 出身Wikipedia
小松原 英太郎(こまつばら えいたろう、嘉永5年2月16日(1852年3月6日) - 大正8年(1919年)12月26日)は、戦前の官僚・政治家。錦鶏間祗候、枢密顧問官、埼玉県知事、静岡県知事、長崎県知事、司法次官、内務次官、文部大臣、農商務大臣、貴族院勅選議員、東洋協会会長、皇典講究所長、大阪毎日新聞社社長、日華学会長、斯文会会長、國學院大學学長、内務省警保局長等、ベルリン公使館駐在を歴任。 拓殖大学第2代総長。
2月16日生まれの人      1852年生まれの人
全国の岡山県出身者    全国の御野郡青江村(現・岡山市)出身者
慶應義塾大学出身      岡山県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身都道府県編