「年賀状」、「暑中見舞い」が書くのも、もらうのも、楽しくなります。

日本人の名前(ファーストネーム) >たさぶろう (太三郎)というファーストネームの有名人

このサイトに登録されている有名人の数:78,819人
このサイトに登録されている「たさぶろう (太三郎)」さんの数:6人
 1  古川太三郎Wikipedia
古川 太三郎(ふるかわ たさぶろう、1933年7月23日 - )は、日本の法律家、政治家、弁護士。元参議院議員(1期)。
7月23日生まれの人      1933年生まれの人
中央大学出身      全国の中央大学の出身者
 2  玉乃海太三郎    大分県 大分市 出身Wikipedia
玉乃海 太三郎(たまのうみ だいさぶろう、本名:三浦 朝弘(みうら ともひろ)、1923年1月2日 - 1987年9月27日)は、大分県大分市出身で、二所ノ関部屋に所属した大相撲力士。最高位は東関脇。全盛期の体格は181cm、120kg。得意手は右四つ、櫓投げ、外掛け。
1月2日生まれの人      1923年生まれの人
全国の大分県出身者    全国の大分市出身者
 3  小林太三郎Wikipedia
小林 太三郎(こばやし たさぶろう、1923年(大正12年)11月13日 - 2012年(平成24年)9月20日は、日本の経営学者。欧米やアジアの大学には日本と違って広告学部や広告学科があり、多くの研究者がいるが、広告研究においては日本の第一人者。商学博士、早稲田大学名誉教授(大学院商学研究科、商学部)。広告研究で博士号を取り、大学院で広告研究の講義をし、広告研究のゼミナールを持った日本最初の人物。著書である『広告管理の理論と実際』同文舘(1968)は669ページに及ぶ大著。露出、認知、態度といった消費者行動の段階を明確に定義づけ、学会業界で使用する広告関連用語の標準化に貢献した。また、多くの広告研究者を世に送り出した(亀井昭宏、小林保彦、嶋村和恵、中山勝己、清水公一、松井陽通、石崎徹、小泉眞人)。日本広告学会設立に尽力し、長年会長を務め、日本学術会議会員として活躍した。アメリカ広告学会、アメリカ・マーケティング協会、アメリカ・ダイレクトメール/マーケティング協会(AMA)、アメリカ広告調査財団(ARF)会員。ミシガン州立大学ゴードン・E・ミラクルは友人。IAA世界広告会議が東京で開催された折、司会を務め、慰労のため東宮御所に招かれる。
11月13日生まれの人      1923年生まれの人
早稲田大学出身      全国の早稲田大学の出身者
群馬県立高崎商業高等学校出身      全国の群馬県立高崎商業高等学校の出身者
 4  熊谷太三郎Wikipedia
熊谷 太三郎(くまがい たさぶろう、1906年11月3日 - 1992年1月15日)は、日本の実業家、政治家。自由民主党の参議院議員。
11月3日生まれの人      1906年生まれの人
京都大学出身      全国の京都大学の出身者
福井県立藤島高等学校出身      全国の福井県立藤島高等学校の出身者
 5  中野太三郎    福岡県 出身Wikipedia
中野 太三郎(なかの たさぶろう、1880年(明治13年)12月 - 1941年(昭和16年)11月10日)は、朝鮮総督府官僚、実業家。玄洋社員。
1880年生まれの人
全国の福岡県出身者
東京大学出身      福岡県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
福岡県立修猷館高等学校出身      全国の福岡県立修猷館高等学校の出身者
 6  大鳴門太三郎    岡山県 岡山市(旧・備前国御野郡) 出身Wikipedia
大鳴門太三郎(おおなると たさぶろう、安政3年(1856年) - 1900年5月4日)は、備前国御野郡(現在の岡山県岡山市)出身で、明治年間の元大相撲力士。本名は武田太三郎。京都・大阪では関脇を努め、脱退して組織した広角組では大関と頭取(年寄)を兼務した。大阪協会との和解後は四股名のまま頭取初代大鳴門(現在の表記は大鳴戸)となり大鳴門部屋を立ち上げた。
1856年生まれの人
全国の岡山県出身者    全国の岡山市(旧・備前国御野郡)出身者




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身都道府県編