「年賀状」、「暑中見舞い」が書くのも、もらうのも、楽しくなります。

ホーム >寛一というファーストネームの有名人

このサイトに登録されている有名人の数:78,818人
このサイトに登録されている「寛一」さんの数:9人


スポンサーリンク


 1  的場寛一    兵庫県 尼崎市 出身Wikipedia
的場 寛一(まとば かんいち、1977年6月17日 - )は、兵庫県尼崎市出身の元プロ野球選手・社会人野球選手(内野手)。右投右打。プロ野球選手として阪神タイガース、社会人野球選手としてトヨタ自動車に所属していた。
6月17日生まれの人      1977年生まれの人
全国の兵庫県出身者    全国の尼崎市出身者
九州共立大学出身      兵庫県出身の九州共立大学の出身者      全国の九州共立大学の出身者
愛知黎明高等学校出身      全国の愛知黎明高等学校の出身者
 2  巖虎寛一    熊本県 千丁村(現・八代市) 出身Wikipedia
巖虎 寛一(いわとら かんいち、1948年1月27日-)は、熊本県八代郡千丁村(※現役当時。現・同県八代市)出身で、春日野部屋に所属した大相撲力士。本名は松岡 一智(まつおか かずとも)。最高位は東前頭7枚目(1973年5月場所)。得意手は押し、突っ張り、叩きなど。現役時代の体格は177cm、111kg。
1月27日生まれの人      1948年生まれの人
全国の熊本県出身者    全国の千丁村(現・八代市)出身者
 3  野本寛一Wikipedia
野本 寛一(のもと かんいち、1937年2月14日 - )は、日本の民俗学者。近畿大学名誉教授。環境民俗学専攻。フィールドワーク重視の研究手法に忠実なことで知られる[要出典]。静岡県出身。
2月14日生まれの人      1937年生まれの人
國學院大學出身      全国の國學院大學の出身者
静岡県立藤枝東高等学校出身      全国の静岡県立藤枝東高等学校の出身者
 4  樫村寛一    香川県 善通寺市 出身Wikipedia
樫村 寛一(かしむら かんいち、1913年(大正2年)7月5日 - 1943年(昭和18年)3月6日)は、日本海軍の戦闘機操縦士、最終階級は海軍少尉。「片翼帰還の英雄」として知られる。
7月5日生まれの人      1913年生まれの人
全国の香川県出身者    全国の善通寺市出身者
香川県立丸亀高等学校出身      全国の香川県立丸亀高等学校の出身者
 5  根岸寛一Wikipedia
根岸 寛一(ねぎし かんいち、明治27年(1894年)11月1日 - 昭和37年(1962年)4月27日)は、戦前日本の映画プロデューサー。
11月1日生まれの人      1894年生まれの人
早稲田大学出身      全国の早稲田大学の出身者
 6  内田寛一    佐賀県 出身Wikipedia
内田 寛一(うちだ かんいち、1888年3月3日 - 1969年9月28日)は日本の地理学者。日本における歴史地理学の開拓者としられ、他に政治地理学・郷土教育などに功績がある。
3月3日生まれの人      1888年生まれの人
全国の佐賀県出身者
京都帝国大学出身      佐賀県出身の京都帝国大学の出身者      全国の京都帝国大学の出身者
佐賀県立唐津東高等学校出身      全国の佐賀県立唐津東高等学校の出身者
 7  三沢寛一    長野県 伊那市 出身Wikipedia
三沢 寛一(みさわ かんいち、1882年(明治15年)9月 - 1968年(昭和43年)7月15日)は、日本の文部・内務官僚、政治家。北海道札幌市長、山形県知事、島根県知事、札幌観光協会長。
1882年生まれの人
全国の長野県出身者    全国の伊那市出身者
京都帝国大学出身      長野県出身の京都帝国大学の出身者      全国の京都帝国大学の出身者
長野県松本深志高等学校出身      全国の長野県松本深志高等学校の出身者
 8  田中寛一    岡山県 出身Wikipedia
田中 寛一(たなか かんいち、1882年(明治15年)1月20日 - 1962年(昭和37年)11月12日)は、日本の教育心理学者。東京帝国大学文学博士[2]、東京文理科大学名誉教授。日本の心理測定の先駆者。「田中ビネー知能検査」「田中B式知能検査」をはじめ、多くの心理検査を考案した[3][4][5]。
1月20日生まれの人      1882年生まれの人
全国の岡山県出身者
京都大学出身      岡山県出身の京都大学の出身者      全国の京都大学の出身者
 9  寺澤寛一    山形県 出身Wikipedia
寺沢 寛一(てらざわ かんいち、1882年7月15日 - 1969年2月5日)は、日本の理論物理学者・数学者。日本学士院会員、東京帝国大学名誉教授、東京帝国大学総長事務取扱、理学部長、高等逓信講習所所長、千葉工業大学学長、電気通信大学学長などを歴任。多年にわたり東京帝国大学理学部物理学教室の運営に力があった。著書「自然科学者のための数学概論」は応用数学の名著として名高い。
7月15日生まれの人      1882年生まれの人
全国の山形県出身者
東京大学出身      山形県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者




スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身都道府県編



スポンサーリンク


TOPへ戻る